2023-01-31
Breaking News

働きたいなら知るべき訪問サービスの種類

訪問介護事業所で働きたい場合、そこではどのようなサービスを提供しているのか確認する必要があります。訪問介護事業所で提供する訪問サービスには、訪問介護や訪問入浴、訪問看護、また訪問リハビリや夜間対応型訪問介護、そして定期巡回・随時対応型訪問介護看護と色々あるからです。

訪問看護はホームヘルプとも呼ばれるサービスで、ホームヘルパーなどの訪問介護員が利用者の自宅を訪ね、利用者が自立して生活できるように、食事や排せつ、入浴といった介護をはじめ掃除や洗濯、買い物などの支援サービスも行っています。事業所によっては通院などを目的とした移送、乗車、降車の介助などをサービスとして提供しているところもあります。

訪問入浴、訪問看護も自宅での自立した生活を送るための訪問サービスです。訪問入浴では持参した浴槽での入浴介助、訪問看護では看護師が主治医の指示に基づき自宅に行き、診療補助や療養上の世話を行います。訪問リハビリは作業療法士などが心身機能の維持や回復、自立に向けて、自宅を訪問し、リハビリを行うサービスです。

夜間対応型訪問介護では日中だけでなく24時間安心して日常生活を送れるよう、夜間帯に訪問介護員が利用者宅を訪問するものです。定期巡回や随時対応型訪問介護看護では利用者の心身の状態に応じ、必要なサービスを適したタイミングで提供します。

それぞれの事業所で提供しているサービスは異なり、仕事内容も変わってきます。そのため訪問介護事業所の求人に応募する前によく調べることが重要です。